【筋トレ】MAGグリップで背中に革命起きた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


どーも!エスト/ESTです


 ブログランキング・にほんブログ村へ


最近
今まで弱かった
背中(別に背中以外が特別強いわけでもないんですが←)を
見直して
大きくしようと思って筋トレに取り組んでいるのですが


あるアイテムのおかげで
自分の中で革命が起きています!



それがこれ!

「MAGグリップ」です

MAGグリップ

「MAG」とは

「Maximum Advantage Grip」の略で

背中を鍛えるのに役立つアイテムです

2019年現在

計7種類あり
それぞれ手で掴む角度が違います


手幅や角度を変えることによって

効かせたい筋肉をピンポイント
鍛えられることができます


なんと僕の通うジムには
7種類全部揃ってます!

主にラットプルマシンで使用するのですが

今までは
よくジムで置いてある
上の画像でもある
バータイプ(両端が「へ」の字のように下がっているタイプ)のもの
手幅握る向き(順手、逆手)を変えて使っていました


もちろん背中にも効いていたとは
思いますが
同時に二頭筋(力こぶ)三角筋(肩)も使っているような感覚があり

先に腕が疲れてしまうこともしばしば…

しかし
このMAGグリップを使いはじめてからは
しっかり背中に効かせられている感覚があります!

握り方1つで

広背筋の上部中部下部
大円筋僧帽筋などをピンポイントで効かせることができます

自然と
親指を内側に入れない(外せる)サムレスグリップの形になり

背中をより意識できる握りで
行うことができます!


また、
握る場所がブラック結晶塗装が施されていて

滑る心配や握力が無くなる心配がありません

手汗がひどく
前通っていたジムで
パワーグリップを無くして今は持っていない

器具泣かせの僕でも
滑らず、握力が疲れず
背中に効かすことができています(笑)

種類

ワイド


一番広い幅(ワイド)で
パラレルグリップ(体に対して手の甲の向きを外側垂直に握る)で行うことで
広背筋の広がりを作ります(主に大円筋)





ミディアム

肩幅より少し広めの幅(ミディアム)のものが3つ


パラレルグリップ





アンダーグリップ(手の甲を体の斜め外側に向ける)
広背筋下部を集中的に鍛えます




オーバーグリップ(手の甲を体側に斜めに向ける)
広背筋上部を集中的に鍛えます

クローズ

肩幅よりも狭い幅(クローズ)のものが3つ

これはミディアムよりも
より背中の内側を鍛えることができます!

パラレル


アンダー


オーバー


参考動画



この動画は
どこに刺激が入るか
短くわかりやすいです




僕もこれを使っていて
今までは大まかで曖昧だった
背筋への刺激が

より細かくピンポイントで意識できるようになりました

あー背中の
この辺りに効いてるなってのが
わかるんです!

まさに革命!

行っているジムにあったら
使ってみてください!

それはそうと
みんな「MAGグリップ」って言いますけど
「Maximum Advantage Grip」グリップ
ってグリップ被ってません?←

グリップグリップじゃん←




では。



 ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする