雑学

【雑学】「馬力」って何? っていう話

 

エスト/EST
エスト/EST
どーも!エスト/ESTです

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

はじめに

いきなりですが
私は競馬が好きです

競馬には平日・休日に関わらず
どこかしらで開催されている地方競馬

主に土日を中心に開催される中央競馬があります

 

皆さんがよく聞く「有馬記念」だったり「GⅠ」という言葉は
中央競馬のことです

エスト/EST
エスト/EST
僕は主に土日の中央競馬をやります!

 

馬券が当たるととても嬉しい!
財布もほっこりします笑

 

ま、中々当たらないんですが笑

 

馬が走る姿はとても格好いいです

 

たまに現地に行って近くで見ると
足音だったり迫力だったり
馬の力強さに驚かされます

 

そんな馬に関することで言えば
時々車やバイクなどで[馬力(ばりき)]という表現を聞きます

例:「このエンジンは80馬力です」
…80頭の馬と同じ力?

エスト/EST
エスト/EST
そもそも1頭の馬の力がわからんわい!笑

 

「東京ドーム○個分」くらい
当たり前に出るけどイメージしにくい表現です笑

 

この[馬力]ってどういう力のこと?

さらっと出る表現だけに今さら聞けない。。。

 

調べました笑

馬力

 

簡潔に言うと「仕事率」のことです

ある”重さ”の物体を、どれだけの”時間”で、どれだけの”距離”を動かしたか

を表す単位です

バイクや車では
「出力」と表記されたりします

2種類ある

英馬力(HP)

18世紀、イギリスのジェームス・ワット
エンジンの性能を数値で表す表現として

馬に荷物を引かせ、33,000ポンド(約15t)の荷物を
1分間に1フィート(約30cm)引ける能力から計算し
馬力を定めました

エスト/EST
エスト/EST
ゴルフの飛距離などで用いられる
ヤード・ポンド法を元に計算してます

[horse power]の頭文字をとり
[HP]という単位が使われます

 

仏馬力(PS)

日本でもお馴染みのメートル法を用いて計算します
英馬力に基づきできる限り簡潔に定義したものです
メートル法がフランス発祥なため
[仏馬力]と言いますが
用いられる[PS]という単位はドイツ語の[Pferde(馬) stärke(力)]の略です

 

エスト/EST
エスト/EST
ややこしいな!



KW

似たような意味に[KW]という単位があります

エネルギーを表す単位で

「1秒あたりに変換されるエネルギー」

のことです

この単位は世界共通の国際単位なので
正規表現には[馬力]ではなく
こちらが使われます

 

ちなみに

1HP=0.7457kW
1PS=0.7355kW

エスト/EST
エスト/EST
1PSの方が少しエネルギーが小さい!

1馬力ってどのくらい?

1馬力を考えると英馬力の方が仏馬力よりも
少しエネルギーが大きくなってしまいますが

およそどちらも

「約75kgの物を1秒間に1m動かす力」

のことです

体重75㎏のバーベルを1秒間で1m持ち上げられたら1馬力です

73.5㎏の人が100mを10秒で走れたら1馬力です

エスト/EST
エスト/EST
一時なら出せる数値だけど
1馬力でずっと動き続けろって言われたら無理だね

これって何馬力?

他にもこれって何馬力なのってものを紹介します

人間 0.1馬力(持続できる力)
自動車 50~300馬力(軽自動車は50馬力前後)
F1マシン 1000馬力前後
新幹線 2万3000馬力

人間の力から考えると途方もないパワーですね

ちなみに
僕のBREAKOUT114はチューニングしたので大体100馬力くらい

 

 

そして当の[馬]の馬力は

2~3馬力くらいです
(競走馬の全力は15馬力~20馬力)

エスト/EST
エスト/EST
いや、1馬力じゃないんかい!笑

 

では。

 ブログランキング・にほんブログ村へ