購入品

GoProHERO6

 

エスト/EST
エスト/EST
どーも!エスト/ESTです

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

GoProについて前回はHERO5sessionについてご紹介しましたが今回はHERO6です。

GoProHERO5session   僕はGoProというアクションカメラを2台保有しています。 GoProHERO5sessionと...

GoProHERO6

形状

アクションカメラとして有名なGoProシリーズ、「6」という数字の通り今回がバージョン6です。

ただ見た目については前回のHERO5と変わりません。形が変わらないことによってカバーなどはHERO5のものをそのまま使うことができます

上側に【シャッター】スイッチ

 

後ろ側(手前側)に【タッチパネルディスプレイ】

 

側面に【電源】スイッチ

 

反対側は開くことができ【USBポート(type-C)】、【HDMI】

 

下側(底側)にバッテリーとmicroSDを挿すところがあります

 

機能

製品名 HERO6 Black HERO5 Black
発売時期 2017年9月 2016年10月
動画画質 4K60/1080P240 4K30/1440P80/1080P120
防水 10メートル 10メートル
ワンボタン コントロール
WIFI + BLUETOOTH
風音低減機能
音声コントロール
ビデオ安定性能
タッチ ディスプレイ
クラウドへの自動アップロード
位置情報取得
RAW + WDR 写真
ポート USB-C、マイクロHDMI USB-C、マイクロHDMI

 

フレームレートが倍

見た目はHERO5と同じですが、1秒間に何コマ撮影するかというフレームレート倍になったことでより滑らかな映像が撮れるようになりました。

 

4K/60fps,1080(フルHD)/240fps

 

フルHDに関しては1秒間に240コマの撮影が可能になったことにより、スローモーションも鮮やかに、動きが早い生き物やスポーツなどの撮影もより映えるようになりました。

 

エスト/EST
エスト/EST
より本格的な動画が作れそう!

 

防水

引き続き防水機能は搭載しています。

 

ぶれ補正

HERO5に比べてぶれ補正は進化しています。(幅を10%削る→幅を5%削ることによってぶれを補正します。)
※残念ながら4K/60fps,1080/240fpsに関してはぶれ補正は対応していません

 

バッテリー

HERO5sessionとは違いバッテリー取り外しが可能です。正直電池持ちについては使っている感じ4K撮影だと1時間も持ちません。そのため予備バッテリーを持つことをおすすめします。

 

エスト/EST
エスト/EST
僕は3つのバッテリーと一度に2つ分のバッテリーを充電できるものを持ってます

 

ズーム機能

今回のGoProはズーム機能を搭載しています。

ただ元々広角を撮るように作られているGoProなのでその画質のままズームされることになり、あまり綺麗とは言えません。それでも被写体が遠いってなったときは使えるのであるに越したことはありません。

 

音声認識

引き続き音声認識での録画・停止などの操作が可能です。

 

おわりに

見た目はそのままで映像などの機能が進化したGoProHERO6。

5を持っている人はカバーやバッテリーなど引き続き使えるので買ってみてもおもしろいかもしれません。

 

エスト/EST
エスト/EST
少し高いけどね・・・

 

 

では。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ