バイク

初めて立ちゴケをしてしまいました【Harley-Davidson】

 

どーも!エスト/ESTです

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

僕、先日初めて「立ちゴケ」をしてしまいました。。。泣



前のKAWASAKI ESTRELLA(エストレヤ)時代から含めて

初めての立ちゴケでした。

よく「立ちゴケ」って言葉は聞きましたけど

「どうやったらそうなるの?」

「自分はしない」

と勝手に思っていたので「立ちゴケ」したときは相当ショックでした

(今考えるとこの油断はフリでしかない←)

 

 

なぜ「立ちゴケ」してしまったかと言うと・・

事件は給油中に起こりました

 

僕ガソリンを満タンまで入れたいタイプなので

サイドスタンドで車体を斜めにした状態ではなくて

跨って車体を垂直にした状態でヒタヒタまで

入れるんですが

↑こんな感じ

 

給油完了して給油ノズルを戻そうと跨っていたバイクから降りようとしたとき

 

サイドスタンドが下まで降りきってなくて

 

ゆーーーーっくりバイクが倒れていきました(汗笑)

 



エンジンガードを付けているので

車体自体にはそんなに傷がなかったのが幸いでした

(後ろのウィンカーランプは少し擦れた傷がついてしまいました。涙)

 

 

倒れていくときの無力感半端なかったです。。。

立ちゴケした瞬間の情けなさ恥ずかしさ。。。

 

僕はもう二度としないと(勝手に自分で)誓いました

 

 

ここで「立ちゴケ」をしないための対策をメモ代わりに書いときます

 

立ちゴケをしないために

1.サイドスタンドが出ているか確認

僕が立ちゴケした原因です(笑)

降りる前にサイドスタンドが下までちゃんと出ているかを確認する

 

2.足を降ろす場所を確認

降りるときは大抵片側から降りるので

降りる側の足の位置が重要になります

バランスが悪くて支えきれずにそのまま倒れてしまう

ことがないようにします

 

3.リアブレーキをうまく使う

特に低速走行の時はバランスが不安定になりがちです

右足のリアブレーキは細かな調整が難しいので

右手側のフロントブレーキでバランスを崩さないよう

微調整をします



4.ハンドルの向き

Uターンの時など

ハンドルを曲げているときはバランスを崩しやすいです

止まるときや降りるときは

出来る限りハンドルを真っすぐにするようにします

 

5.こまめに休憩を取り、疲れた状態で乗らないようにする

調べてみると

ツーリングの帰りの疲れた状態は油断しがちで

「立ちゴケ」しやすいみたいです

どうしても行きと帰りでは疲労度が違うので

その分帰りはこまめに休憩を取るようにするなどし

なるべく疲労感を感じない工夫をする

 

おわりに

なんだか宣言書みたいになってしまいましたが(汗)

自分への戒めも込めて書きました。

 

あのバイクが傾いていくときの無力感はもう感じたくない。

 

気をつけて楽しく乗っていきたいです

 

皆さんも「立ちゴケ」は気をつけてください

あの無力感と喪失感を感じないことを願っています(笑)

 

 

では。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
こんな記事もおすすめ