バイク

【ハーレー】股下の熱さ問題


エスト/EST
エスト/EST
どーも!エスト/ESTです


 ブログランキング・にほんブログ村へ


急に暑くなりましたね汗

5月ですが
もう岐阜では30℃を越えた場所もあります

夏どーすんの?(笑)


バイクに乗っていても
日差しの暑さを感じますが

ハーレーは下からも「熱さ」
感じます


【股下熱】問題です!



「股下熱」問題


排気量の大きい車種が多い
Harley-Davidson
自然とエンジンも大きくなりがちです

そうすると
股下の熱さが伝わってきます
冬は暖かいと感じるかもしれませんが

夏は地獄です汗

なぜ「股下熱」を感じるの?


そもそもなぜ
ハーレーは股下が熱く感じやすいのか

・むき出しのエンジン
・空冷
・停車の回数が多くエンジンが冷えない


といったことが挙げられます

スーパースポーツなどは
エンジンが隠れているデザインも多いですが

ハーレーはむき出しです
(エンジンのデザインもハーレーのかっこよさの1つですが)


こうなると
熱を遮るものがなく
体に伝わってきます


また
ハーレーは昔から空気でエンジンを冷やす「空冷エンジン」
採用しています

空気を取り込む際
重要な「エアクリーナー」

これでは正直
ハーレーのエンジンの大きさから考えると
足りません汗

水を循環させて冷やす「水冷エンジン」の方が圧倒的に効率は良いのですが
伝統なのかイメージなのか
よくも悪くも「ハーレー=空冷」が染み付いてしまっているので
今さら水冷には変えづらいんだと思います笑


空気で冷やすには
走っているときでないと
多くの空気を取り込めないため

停車する回数が多いと
冷えが間に合わなくなり
熱くなってしまいます



こういった
手間がかかるところも
ある意味ハーレーの良さではあるのですが(笑)

ただ、我慢しろ
ってだけだとつらいのも確かです…



対策

対策としては

オイルタンクカバーを取り付けたり
パンツに耐熱カバー(ヒートガード)を付けたりすること

が挙げられます


ま、一番は

やはり止まらないこと(笑)

信号がない道を通ったり
高速での長距離ツーリングを楽しみましょう!(笑)



…あれ?それじゃ今度は日差しの暑さが気になっちゃう汗


ま、それも込みでバイクですから!(笑)




では。



 ブログランキング・にほんブログ村へ