雑学

【軽減税率】消費税10%になったが8%のままの商品は

 

エスト/EST
エスト/EST
どーも!エスト/ESTです

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

昨年(2018年) ついに借金が1100兆を越えた借金大国の日本  

 

この10月から消費税が10%に上がりました  

 

しかし、中には 8%の据え置きのまま購入できる

商品もあります

 

  それが 「軽減税率」制度 です

 

増税

2014年に5%から8%に引き上げられ

その翌年2015年10月には10%になる予定でしたが

その後2度に渡る先送り(2015年10月・2017年4月)。

そしていよいよ2019年10月より10%に引き上げられました  

 

軽減税率

簡単に言うと

「特定の品物に対し消費税を軽減する制度」

です

 

低所得者層の負担が高所得者層に比べ

大きくなることを 防ぐために取られた措置です

どんな品物が対象なのか

  • 飲食料品
  • 新聞(定期契約のもの)

です

食べ物は命に直結するものなので据え置き

新聞は国民が情報や知識を得るためのコストを減らすため据え置きとなります

 

ただ、この中でも据え置きでは無く10%になってしまうもの(条件)もあります  

軽減税率対象の条件

飲料食品

酒類・外食を除く品目

アルコールが入ったものは対象外で10%に引き上げられます

「あー、お酒かー」 と思うかもしれませんが

調味料にも「調理酒」「みりん」等アルコールが入ったものがあります

※「みりん風調味料」や「甘酒」はアルコールが入っていないため軽減税率対象    

 

 

また、外食は10%です

 

ややこしいのは店内で食べたら10%

テイクアウトは8%となります  

 

コンビニなどでもレジで確認され イートインスペースで食べるものは10%となります

 

  もっと細かく分けられてるみたいですが

ざっとこんな感じ

 

ややこしいですね

新聞

週2回以上発行され定期講読しているものは軽減税率の対象です

つまり毎日家に新聞が届くよって人は8%のままです  

ただ、駅前やコンビニで買う新聞については10%となります  

 

運賃や電気料金等

2019年9月30日以前に受領が完了していたり権利が確定しているもの

10月1日を過ぎていても支払いは8%となる場合があります      

 

 

軽減税率ややこしいですね汗  

 

けど8%のまま据え置きのものがあることは消費者にとっては助かります  

 

 

経営者側にとっては今後「インボイス制度」なども始まり対応が大変でしょうけど  

 

 

 

ま、僕は経営者じゃないので←  

 

※「インボイス制度」については 難しいし主に経営者側に関わることなので今回は説明しません。 というか難しくてうまくまとめれません(笑)    

 

 

では。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
こんな記事もおすすめ